【グラブル】土マグナハイランダーの終末4凸はありかなしか?+実践解説あり

古戦場

今回は土マグナハイランダー終末武器4凸でも可能なのか。というテーマでお話したいと思います。

  • 終末4凸でも火力は出せるの?
  • ルシファー攻略や重い素材がきつくて5凸はあまりやりたくない
  • 4凸と5凸でどれくらい違いがあるのか知りたい

本記事はこういった悩みを抱えている方向けの記事となっています。

土属性を強化するにあたって終末の神器(以下:終末武器)を上限解放することは戦力の大幅上昇に直結します。

ですが、上限解放には非常に重い素材に加えて、最高難易度とされる『ダーク・ラプチャーHard』の攻略が必須とされています。

そのため比較的解放しやすい終末4凸を維持しつつ、どこまで火力を伸ばせるだろうか。と考える方は決して少なくはないでしょう。

終末4凸でどこまでの戦力が出せるのか。実践例も交えて解説していますので、ぜひ最後までみていってください。

はじめに

はじめに前提条件ですが、土マグナハイランダーの長所を活かすためにも、

十賢者カイムが取得済み、もしくは古戦場までに加入予定であることが前提となります。

ゴリラ
ゴリラ

カイムを加入させる予定の無い人は、確定技巧クリティカル編成を目指すほうがいいよ

また土ハイランダー編成の特徴になりますが、

  • カイムのサポアビによる攻防アップ、ダメージ上限アップ
  • 必要な武器集めの労力が少なくなる
  • 装備の幅が広がり、様々なコンテンツに対応できる

こういったものが挙げられます。

この点を踏まえたうえで、ここからは以下のような流れで解説をはじめていきたいと思います。

  1. 終末武器5凸を目指すべき人と4凸でいい人の違いを解説します
  2. 終末武器4凸の強さをざっくりお試ししてみます
  3. いっそのこと終末武器なんか忘れてしまいましょう

土マグナハイランダー(終末4凸)は〇〇です

ではまず終末4凸はどうなんだ、という疑問に対しての個人的な見解ですが、

  • 自分自身がやりたいものによる
  • 日々の周回を楽にしたい、というのならあり
  • 高難易度や古戦場を積極的に頑張りたい、というのならなし

こうなります。

もう少し具体的に分けていきましょう

終末4凸のままでいいよという人は、

  • 土属性は日々の周回程度しか使わない
  • 古戦場はフルオートで手の空いたときに消化したい
  • 高難易度コンテンツにそこまで興味がない

このようなプレイスタイルの方だと終末4凸のままで問題ないと思います。

  • 古戦場を手動でがっつり回りたい
  • 高難易度コンテンツにも積極的に参加したい
  • 日々の周回にも効率と速度を求めていきたい

このようなモチベーションを持たれている方は終末を5凸化させることで今後の目標に大きく近づけることでしょう。

しかし終末武器5凸はそう簡単にできるものではありません。

そこで今回はあえて終末4凸のまま、どれだけ火力を発揮できるかを解説していきましょう。

まずおさえておくべきポイントが3つあります。

  1. 敵がそんなに強くない(固くない)のであれば、実は火力は出る
  2. ただし目標が高くなればなるほど、足りないと感じやすくなる
  3. 足りないと感じてしまったときこそ5凸に踏み切る段階です

    では最初にポイントを整理していきましょう。

    まず重要なポイントが1つあります。

    土属性を強化して何がしたいのか

    この部分をまず明確にしましょう。

    プレイしている人にとって、この答えはさまざまだと思います。しかしこの点をあいまいにしたままだと、プレイ状況が自分とは違う他人の意見に流されてしまうことがあります。結果、想定外の結果をまねき、最悪上限解放そのものを後悔してしまうことになりかねません。

    やりたいことが仮に日々の周回なのであれば、特に終末4凸の状態でも特に困ることはないでしょう。

    • 島ハード、マグナ周回
    • マグナ2、旧石、高級鞄マルチ(エウロペHL、カー・オンなど)のフルオート消化
    • 六龍シングル、マルチバトル(条件あり)

    これくらいのマルチであれば、終末4凸のままでもまったく問題ないと思います。

    なぜ問題ないと言えるのか。

    ゴリラ
    ゴリラ

    こういったマルチはクリアすることが目的なことが多いからだね

    クリアすることが目標なのであれば土マグナハイランダーは終末4凸の時点で強いのです。

    終末4凸でも火力は出せるのか。実践してみた

    ゴリラ
    ゴリラ

    ところが一般的に土マグナハイランダーの終末4凸は『ない』って言われてるんだ

    これは一体どういうことなのでしょうか。おそらくではありますが、

    • もうちょっと火力を出したい
    • 貢献度をもっと稼ぎたい
    • 敵を早く倒したい

    このような理由が考えられます。

    グラブルをやるにあたって避けては通れないコンテンツである古戦場などは、こういった速度や火力を求めるコンテンツでもあります。

    またマルチバトルにおけるMVP争いや、周回の速度向上、こういった目的にも、火力や速度は大いに関わってきます。

    上記のような目標を掲げているプレイヤーの視点でみれば、確かに終末4凸に物足りなさを感じることでしょう。

    ただこれは、あくまで特定のコンテンツの中だけであり、個人のプレイスタイルによっては違う結論にもなり得ると思います。

    ゴリラ
    ゴリラ

    この点については、他人の意見より、自分で決めたことを優先してほしいかな

    実際に終末4凸で殴ってみたらどうなる?

    それでも5凸は厳しい。やりたくないよ。という声もあると思います。

    実際、終末5凸なしでやれるのか。という疑問に対して回答しますと、

    • 求められるハードルが高くなるが、それを満たせば可能ではある
    • とはいえ妥協しなくてはいけない段階は必ずある
    • 逃げるならドラゴニックウェポンを取りに行こう

    以上になるかと思います。

    終末5凸に終末4凸の段階で追いつこうと考えると、どうしても+αの部分が出てきてしまいます。

    この+αの正体ですが、

    • 強力なキャラ(リミテッド・季節限定含む)
    • 強力な武器・召喚石

    これらの要素になります。

    ゴリラ
    ゴリラ

    一部の限定キャラが必須と言われるくらいに、土属性はキャラの重要度が高い属性なんだ

    消去不可の通常攻刃バフに効果値の高い防御デバフ、追撃にマウントなど土属性の根幹を支える十二神将マキラであったり、

    同じく味方を強化するバフに追撃、使い勝手のいい片面防御デバフなど、複数の役割を持てるリミテッドカイン。

    こういったキャラに加えて、

    ハイランダーの中心的存在であるカイムがいれば、終末4凸でもしっかりとした火力が出せます。ここからは終末4凸でどこまで火力が出るかを実践してみたいと思います

    ゴリラ
    ゴリラ

    申し訳ないけど、筆者は土終末をどちらも5凸しているから4凸を想定して編成を組んでいるよ

    【条件設定】

    1. 終末4凸(方陣神威Ⅲ Slv15 攻刃量18%)の代用として方陣攻刃18%のユグ剣4凸を採用
    2. 召喚石はユグ5凸×ユグ5凸の両面マグナ編成
    3. 防御値10と20でそれぞれでマキラの1,3アビリティの有無で判別する

    パターン① 防御値10 マキラバフ(1,3)あり

    パターン② 防御値20 マキラバフあり

    パターン③ 防御値20 マキラバフなし

    注目してほしい点は火力の落ち方です。

    高難易度や古戦場の強敵(100・150HELL)を想定した場合、終末4凸編成は途端に火力不足に陥ります。パターン①と③を比べてもらうと火力の落ち方がわかるかと思います。

    古戦場の敵は普段のボスよりも防御値が高く、ある程度の武器編成やキャラのアビリティを求められることがほとんどです。

    特に150HELLにおいては防御値が25と非常に固く、よりダメージを出しにくい状況となっています。

    ゴリラ
    ゴリラ

    ここまでになると、カイムハイランダーのメリットであるダメージ上限の高さが活かしづらくなるんだよね

    こういった仮想敵に対して、このメリットの恩恵を最大限受けるためにはどうすればよいか。

    • ダメージ上限が高いのだから、そこまでたどり着かないと意味がない
    • そのためには武器の強化やキャラのアビリティで火力底上げするしかない
    • 強化する恩恵が大きく、課金要素なしで飛躍的に火力を高められる方法は?

    あくまで古戦場というコンテンツの話にはなりますが、こういった考察から終末5凸が必要である。という結論となり、古戦場の上位コンテンツを終末4凸のまま挑戦するのは『ない』という評価となってしまったのだろうと個人的には解釈しています。

    ゴリラ
    ゴリラ

    逆にいえば、95HELLまでのような敵であればキャラ次第で全然戦えるってことだよ

    ここまでの結論をまとめると、

    • 日々の周回など、あまり強くない敵であれば終末4凸でも問題ない
    • 土属性はキャラが強力。スキル次第で4凸のままでも十分火力を出せる
    • 速さや火力を求める強敵(古戦場)相手では終末5凸が欲しくなる

    ここまでは火力に焦点を当てて解説をしてきました。

    ここからは少し目線を変えて、土ハイランダーという編成から終末4凸の立ち位置をみていきましょう。

    終末4凸でも全然OK。土ハイランダーはここが強い

    ここからは視点を変えてハイランダーの強いところを見ていきましょう。

    1. 土マグナハイランダーのフルオート性能はマグナ最強クラス
    2. 渾身に依存しないところ

    土マグナハイランダーのフルオート性能は最強です

    ここでもう一度カイムのスキルについて確認していきましょう。

    【刑死者の逆位置】

    装備している武器が全て異なるとき土属性キャラの攻防アップ(別枠乗算20%)

    防御力50%アップダメージ上限10%アップ

    カイムによって得られるものは火力だけではありません。ハイランダーのメリットはこの防御アップにこそあります。

    土マグナハイランダー編成はカイムのスキルにより常時永続消去不可の50%防御アップがついています。

    つまりカイムがサブメンバーにいるだけでダメージが常に33%減少しているということです。このため難しいマルチでも生存確率が飛躍的に高まっており、安定感で言えば他の編成をはるかに凌いでいます。

    ゴリラ
    ゴリラ

    個人的にこの防御バフがカイムの一番ヤバいところだと思っているよ

    このメリットは日々の周回でもとても大きく、

    • 六龍HL
    • ダーク・ラプチャーHard
    • バース・オブ・ニューキング

    といったグラブルの中でも特に難易度が高いコンテンツでも驚くほどの安定感を見せてくれます。

    さらにこのハイランダーと相性がいい装備が、後述するドラゴニックウェポンです。ダメージ軽減スキルが付与され、長期戦を想定したスキル構成とハイランダーの安定感は相性抜群です。

    先に述べた古戦場でも、速度を求めずフルオートで周回するのであれば、土マグナハイランダーはマグナの中でも最強クラスだと感じています。

    さきほどの編成でもHPはこれだけあります。渾身技巧編成であればもっとHPが盛れますが、この状態でダメージ33%減があるため、こちらの編成のほうが安定感があります。

    渾身以外でもやれる。土マグナハイランダーの拡張性

    土マグナハイランダーは渾身にほとんど依存していません

    そのため、多少HPを削られたとしても火力の低下が起こりにくくなっています。

    ブロ斧に代表されるような編成内の確定枠が少なく、用途に合わせてカスタマイズできることも土マグナハイランダーのメリットでもあります。

    ゴリラ
    ゴリラ

    カイムの別枠攻撃アップ20%のおかげで、多少守備的な編成でも最低限の火力が出せちゃうんだ

    どんなカスタマイズがあるのか、上記の装備編成を利用して確認してみましょう

    ①HPをもう少し上げたい

    秋の落葉をユグ杖に変更すると、

    さきほどの検証の際に用いた編成と比べてHPがかなり上昇しています。

    ゴリラ
    ゴリラ

    HPをぐんとあげたいのであれば終末4凸でも十分だよ

    ②長期戦を見越した編成にしたい

    Ex攻刃武器を風信子の護剣に変更すると、進境スキルありの長期編成ができました。

    このように、用途に合わせて装備を入れ替えることができる拡張性の高さで、より難しいコンテンツにも挑戦しやすくなっています。

    あくまで速度を想定しない前提の話になりますが、このような対応によって終末武器の依存度を大きく下げることができます。

    終末武器なんか必要ない? ドラゴニックウェポンについて

    ドラゴニックウェポンは六龍コンテンツが実装された際に展開された武器シリーズとなります。

    • ドラゴニックウェポンと終末武器はどちらか1つしか装備することができない
    • スキル構成が防御に特化している。長期戦・フルオートと相性が良い
    • 超高難易度コンテンツの場合、終末武器よりも優先されることがある

    特徴としては上の3点が挙げられます。

    速度を求めないのであれば、終末4凸でも問題ないというのはここで何度かお話ししています。この部分を特化させたのがこのドラゴニックウェポンです。

    ゴリラ
    ゴリラ

    長期戦やフルオートに特化するなら、終末よりもむしろこっちのほうがいいかもしれない

    土のドラゴニックウェポンである『ドラゴニックボウ』は奥義効果が非常に強力で、連撃率と追撃効果で火力に大いに貢献してくれる攻防のバランスが良い武器です。

    真価を発揮するには終末武器と同じく5凸まで上限解放することが求められますが、必要な素材に関しては比較的優しいもののため、まだ終末に手が出しづらいプレイヤーの方にもオススメできる武器になります。

    また土マグナハイランダーとも相性が良く、

    メインにドラゴニックボウを装備したロビンフッドはバフ・デバフをバランスよく発動することができるため、フルオートでは無類の強さを発揮します。

    ぜひこの機会にお試ししてみるというのもいかがでしょうか。

    まとめ

    長くなりましたが、ここまでお付き合いありがとうございました。

    • 日々の周回やフルオートであれば終末4凸でも問題ない
    • 特定のキャラがいれば4凸でもなんとかなる(ただし限界あり)
    • ドラゴニックウェポンも選択肢。状況次第で終末5凸よりも優先されることも

    個々のモチベーションや目標によって、強化優先度や費やす時間などは大きく異なってきます。

    万人に対しての回答を出すということは非常に難しいため、やはりここは最初でもお伝えしたように、自身がなにをやりたいのか、という点を軸にしていただき、納得できるかたちで強化に励んでいってほしいと願っております。

    ではまた次の記事で。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました