【グラブル】土マグナ理想編成にむけてアニマやエレメントの集め方

初心者向け

今回は土マグナ理想編成完成にむけて、必要となるアニマエレメント集め方についてを解説します。

  • 強化に必要なアニマやエレメントが全然足りていない
  • 効率的な集め方は
  • どんなマルチを周回すればよいのか

土マグナ編成を強化するにあたって、まず壁として立ちふさがってくるのが膨大な素材量です。

アニマやエレメント、プシュケーといった素材を大量に使用するため、それを集める労力や時間についついやる気を奪われがちです。

今回の記事ではこのような悩みに回答していきます。素材の効率的な集め方、必要量などを具体的に解説していますので、良ければ最後まで読んでいってください。

土マグナ編成に必要なアニマやエレメントはどれくらい?

まず目標とすべき土マグナ編成の完成形ですが、今回は上記の渾身技巧確定編成とします。召喚石はユグドラシル・マグナ5凸の両面編成です。

まずは完成するまでに必要な量、いわゆるゴールを確認してみましょう。

ゴリラ
ゴリラ

まず具体的な目標を設定することが大事だよ

上記の編成を完成させるまでにやるべきことは

  • ユグドラシル・マグナ石の5凸
  • ニーベルン・ホルン(ゴブロ斧)4凸×2本
  • ニーベルン・クリンゲ(ゴブロ刀)4凸
  • 終末武器の取得・4凸化

以上の4点が必要です。

では次に、どれだけのアニマとエレメントが必要なのかを換算してみましょう。

  • ユグドラシル・マグナ石5凸(土エレメント500・マグナアニマ12個
  • ゴブロ斧4凸×2本(土エレメント400・マグナアニマ20個
  • ゴブロ刀4凸(土エレメント200・マグナアニマ10個
  • 終末武器取得&4凸(土エレメント500・マグナアニマ10個

こうなります。

つまり、装備完成までに最低限必要な素材量は、

  • 土エレメント1600+α(だいたい3000くらい)
  • マグナアニマ52個(必要なアニマ520個

となります。

ここで「いやいやエレメントの必要数が増えているじゃないか」と思ってしまう人もいるかと思います。

しかし、マグナアニマはご覧の通り通常アニマとの交換にて数を揃えることが多く、仮にアニマすべてをマグナアニマに交換した際は土エレメントが追加で1500個も必要になってきます。

つまり実際に必要なエレメント数は想定よりも増える傾向にあるというわけですね。

ゴリラ
ゴリラ

装備が完成するまでには通常アニマがだいたい500個。エレメントが2000~3000個必要って覚えておこう

アニマとエレメントの集め方・紹介編

強化に必要な素材量がわかったところで、ここからは実際にどういった方法で数を揃えたらよいかについてお話していきます。

まず毎日自発を行いたいマルチについてですが、

  • ユグドラシル・マグナ討伐戦
  • ユグドラシル・マグナHL
  • ブローディアHL

この3点となります。これらをどのように活用していくかというと、

  • 毎日自発して消化する
  • 連戦を行う
  • Twitter救援に参加する

この一連の動きを上記のマルチでそれぞれ行う必要があります。

何故それが必要なのかといいますと、強化に必要な素材がそれぞれのマルチでドロップするからですね。

どのマルチで、どんな素材がドロップし、何が優先的なのか。

これをもう少しこまかく掘り下げていきましょう。

ユグドラシル・マグナ討伐戦

まずは毎日の日課として有名なマグナ1討伐戦です。

今では自発3回をまとめて処理できるEX+も実装され、日々の日課にかかる時間が緩和されています。

ここで必要になるのは召喚石としてドロップするユグドラシル・マグナ石ですね。

こちらをエレメント化することで土エレメントが20入手できます。

膨大な数を要求されるエレメントですが、こういった素材からこまめに回収しておくことでその後の強化に役立ちます。

量としては微々たるものですが、ほぼ毎日周回するコンテンツですから、積み重ねは思った以上に馬鹿になりません。

ユグドラシル・マグナHL

こちらは上記のユグドラシルよりも難易度があがったHL版となります。

ここからも必要な素材を回収していく必要があります。具体的には、

通称ビー玉と呼ばれる素材で、アニマやエレメントに匹敵するほどに不足しがちな素材になります。

これ以降の土属性マルチでもドロップしますが難易度が高くオススメはできません。Lv120前後のコンテンツが開放された段階ではマグナHL戦から集めていくのがいいでしょう。

強化に必要な素材ではないですが、こちらは次に紹介するブローディアHLの自発トリガーとなります。

これがなければブローディアHLに参加できませんので、自然と斧や刀の入手機会がなくなります。

特定のイベント報酬として登場することもありますが、このクリスタルはマグナHLの報酬として集めていくことが一般的です。

次に集めておきたいのは、マグナ1周回でも挙げたユグドラシルの召喚石です。

やはり大事になってくるエレメント。ここでも召喚石がドロップしますので、こちらでも召喚石からのエレメントをしっかり狙っていきましょう。

ブローディアHL

最後はマグナ2ことレガリアシリーズでおなじみのブローディアHLです。

編成強化のための中心的なコンテンツであり、マグナ2完成にむけて必ず参加しなければいけないコンテンツでもあります。

1回の戦闘で土強化に必要なほぼすべての素材が同時に手に入りますので、日々のマルチには必ず組み込んでいきましょう。

1回の戦闘で手に入るアニマの量は赤箱・青箱の発生率にもよりますが1~3個ほどです。

必ずしも1人で討伐しなくてはならないわけではありませんので、たとえ全滅してしまったとしても野良救援に流してしまえば、他の参戦者の方々が倒してくれるでしょう。

このマルチにおいて強いて目標を上げるとすれば、1回の戦闘で貢献度20~30万を稼ぐように心がけてください。

理由としては稼いだ貢献度によって出現する青箱を狙っていきたいからです。

ゴリラ
ゴリラ

昔までは貢献度30万というのが必須だったけど、今は緩和されて必須ではなくなっているよ

青箱を狙うメリットは数多くありますが、ここではまずアニマや武器が落ちるというメリットを重視していきましょう。

アニマやエレメントの集め方・実践編

次にこれらのマルチをどのように周回すべきかです。以下の3点にまとめてみました。

  • 毎日自発して消化する
  • 連戦を行う
  • Twitter救援に参加する

この中で最もオススメなのが自発消化およびTwitter救援への参加です。

自発で集める

自発を行うメリットとすれば自発報酬として赤箱が入手できる点です。武器やマグナアニマの直接ドロップが狙えるため、自発可能回数である2回は必ず消化するようにしましょう。

この自発消化のために前述した土のクリスタルが必要であるため、必然的にユグドラシルマグナHLも並行して自発していく必要があります。

戦力に余裕がない、風属性を鍛え切れていないという方は、自発開始直後に救援をながし、他の参戦戦車の方に討伐をお願いしましょう。

また定期的に開始されるドロップアップキャンペーン期間は必ず参加するようにしましょう。

通常での自発報酬がこれくらいなのに対し、

ドロップアップキャンペーン開催中の場合だと自発報酬にこれだけの差が生まれます。

自発報酬が2倍になる以外にも紫箱という特別報酬が加わることで大量の素材を回収可能です。

連戦で集める

1~30人の大人数で連戦を行うため、1回の連戦で大量に素材を確保することができます。

ブローディアHLを連戦することはもちろんですが、ユグドラシルマグナHLの連戦も非常に有効です。

現状、マグナ2やマグナHLの連戦は参加者が少ない傾向にありますが、自身で共闘ルームにて部屋を建てることで連戦を開催することもできます。

ここでも貢献度を20~30万程度稼ぐことが重要です。

20~30連のような多い連戦の場合、目標貢献度を稼げないこともあります。そういった場合は、連戦数を減らすなどの調整を行いましょう。

ゴリラ
ゴリラ

現状、ドロップキャンペーン以外のマグナ2連戦は少し流行っていない印象があります。開催するときは時間に余裕を持たせて行いましょう。

Twitter救援で集める

現状、最も効率が良いと思われるものがこのTwitter救援です。

Twitterに流された救援の一覧が表示され、該当のマルチをクリックすることでその救援IDがコピーされます。

このIDをマルチ検索欄に張りつければ、その救援に参加できるという方法です。

この方法を用いれば、救援欄に入りたいマルチがなくても、特定のマルチに参加し続けることができます。

ゴリラ
ゴリラ

過去にマグナ2武器を集める際はさながら100本ノックのごとくぐるぐる周回していました。

筆者はこちらの救援サイトを利用させていただいております。

ゴリラ
ゴリラ

新レガリア&六龍武器集めの際にも大変お世話になりました

まとめ

  • 必要な素材量をまず確認し、そこから必要なマルチに参加していこう
  • 自発のみで足りない場合は連戦や救援、キャンペーンなどを利用しよう
  • 目標は青箱。取得に必要な貢献度を把握して装備を調整しよう

グラブルにおいて、マグナ2というのはすべてのコンテンツにおいて必要な周回となっています。

膨大な数に目標を見失いがちですが、まずは目標に必要な数を把握して、より効率のいい集め方が行えるようにしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました